読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メラニンと紫外線

メラニンにはユーメラニンと呼ばれる黒褐色ののものと、
フェオメラニンと呼ばれる黄色―赤色のものがあります
 
白人のメラニンフェオメラニンで黒人のそれはユーメラニンといえるでしょう
ユーメラニンは紫外線による活性酸素を消去するのに対し
フェオメラニンは紫外線を浴びると活性酸素を作ってしまいます
 
メラニンは皮膚表面の基底部に生成され、紫外線が皮膚下の細胞の核のDNAを破壊しないように
傘の役割を果たします
 
白人、黒人、アジア人の肌の色はメラニンの混合割合によって違ってきます
髪の毛の色も同様で
金髪は、黄色のフェオメラニン
黒毛はほとんどがユーメラニンということになります
 
ダーウィンの進化論てきに考えれば
人種が生活する環境に適した色に長い年月を経て
肌の色もなっているのでしょうが
事実白人種は光量の少ない高緯度地域に住み
黒人は光量の多い赤道付近に住んでいるようにも思えますね
 
白人が光量の多い地域に住むと
ユーメラニンが少なくフェオメラニンが多いため、
紫外線によって皮膚細胞のDNAが傷つけられる結果
皮膚がんになるものが多いそうです
 
夏になって光量が増えると
日焼けすることになりますが
これは紫外線によって、皮膚がユーメラニンを発生させ、
紫外線の害を防御する生体の反応といえるでしょう
そのため、日傘をさしたり日焼け止めクリームを塗ったりと
紫外線対策をするわけですね
 
 

エイジングケアは洗顔から!素肌のキレイを呼び覚ますスペシャル洗顔石鹸。

まずは実感!モニター募集中